茅ヶ岳(1,704m)に行ってきました

山梨にある茅ヶ岳(標高1,704m)に行ってきました。 約100万年前に出来たと推定される火山です。火山の噴火で できた酸性の強い土壌であるため、酸性に強いススキやカヤ(茅) が山麓を覆っているため、「茅ヶ岳」の名前がついたらしい。 標高1000mより下のすそ野は傾斜の緩い台地になっていますが、 これは火砕流によってできた火山…
コメント:0

続きを読むread more

妙義山(中間道)に行ってきました2

「妙義山(中間道)に行ってきました」のつづき(その2)です。 妙義の名は、後醍醐天皇に仕えた権大納言長親卿が、この山を眺め、 明々巍々(めいめいぎぎ)であるところから「明巍」と名付けた事 が、後に「妙義」となったと言われています。 とにかく行ける所まで、行くつもりで進んでいきます。 以前に見た…
コメント:0

続きを読むread more

妙義山(中間道)に行ってきました

妙義山にはこれまで春と夏に来ていますので、今回で3回目と なります。今回は季節が秋ということで、紅葉を期待していま したが、まだ少し早かったようです。 妙義山は、赤城山、榛名山とともに上毛三山に数えられ、群馬 を代表する山の1つです。また、日本三大奇勝の1つとして荒 々しい岩肌が創り出す自然景観の美しさが特徴です。 妙義山…
コメント:0

続きを読むread more

奥入瀬渓流に行ってきました2

「奥入瀬渓流に行ってきました」のつづき(その2)です。 奥入瀬の紅葉は、”紅葉”というより”黄葉”の状況でした。 一面、黄色の世界が延々と続きます。 これは、たぶん千筋の滝だと思います。 スギタケの仲間だと思いますが、これを食べるとかなり危なそう。
コメント:0

続きを読むread more

奥入瀬渓流に行ってきました1

八甲田の赤倉岳に行った翌日、奥入瀬渓流の遊歩道14.2km を踏破してきました。 この時期の奥入瀬は紅葉が綺麗なことで有名で、2年前は 天気が悪くて中止、昨年は我が家の老犬の体調が悪くて中止、 今年は多少天候が悪くても決行する覚悟でした。 「奥入瀬」は、奥に入り込んだ小さな流れ(瀬)という意味 で、「おくいりせ」が訛って「お…
コメント:0

続きを読むread more

八甲田・赤倉岳(1,548m)に行ってきました

東北の紅葉が見たくて八甲田と奥入瀬に行ってきました。 初日は八甲田山系の赤倉岳(標高1,548m)に行き、二日目は 奥入瀬渓流遊歩道踏破を目指します。 八甲田ロープウェイを使って、標高1320mまで行きます。 ロープウェイの両側は紅葉が始まっています、 頂上駅を降りると、赤倉岳、井戸岳、大岳が綺麗…
コメント:0

続きを読むread more

湯ノ丸山(2,101m)と烏帽子岳(2,066m)で出会った花たち

湯ノ丸山(2,101m)と烏帽子岳(2,066m)に行った際に出会った 花たちの写真をアップします。 湯ノ丸山と烏帽子岳は思っていた以上に眺望のよい山でした が、いくつかの花たちにも出会うことが出来ました。 【1】イワインチン(岩茵蔯)、キク科キク属の多年草です。 烏帽子岳の頂上に咲いていました。
コメント:0

続きを読むread more

湯ノ丸山(2,101m)と烏帽子岳(2,066m)に行ってきました1

長野の東御市と上田市にまたがる湯ノ丸山(標高2,101m)と 烏帽子岳(標高2,066m)に行ってきました。 山頂からは、南に八ヶ岳、東に浅間山、北に北アルプスが見え 展望の山として有名です。ここには昨年の3月に八方尾根に行 った後、登りに来たのですが悪天候のため断念した経緯があり 、季節は違うもののリベンジ登山となります。 …
コメント:0

続きを読むread more

水ノ塔山と高峯山で出会った花たち2

「水ノ塔山と高峯山で出会った花たち」のつづき(その2)です。 【9】シラタマノキ(白玉の木)、ツツジ科の常緑小低木です。 果実が白いことから、この名前がつきました。 赤い果実のアカモノに対して、シロモノとも呼ばれます。白い実 を潰すとツーンと塗布薬の匂い(サロメチール)がします。 【10】ノアザミ…
コメント:0

続きを読むread more

水ノ塔山と高峯山で出会った花たち1

水ノ塔山と高峯山に行った際に多くの花たちに出会うこと ができました。この時期でも、それなりに花は咲いており 楽しませてくれます。 【1】オヤマリンドウ(御山竜胆)、リンドウ科リンドウ 属の多年草です。 山(御山)に生えるリンドウの意味です。 リンドウの根を かむと非常に苦く、クマの胆より苦いということから、竜の 胆とし…
コメント:0

続きを読むread more

水ノ塔山(2,202m)と高峯山(2,106m)に行ってきました2

「水ノ塔山(2,202m)と高峯山(2,106m)に行ってきました」のつづき (その2)です。 水ノ塔山に登ったあと、いったん下山して高峯山に行きました。 水ノ塔山から、登山口の高峰温泉まで下山してきました。 林道を車坂峠方面に少し向かうと、高峯山の登山口があります。
コメント:2

続きを読むread more

水ノ塔山(2,202m)と高峯山(2,106m)に行ってきました1

水ノ塔山と高峯山は浅間山の西に位置する高峰高原の山です。 篭ノ塔山や三方ケ峰には数年前に行きましたが、水ノ塔と高峯 山には行っていなかったので、行ってきました。 本当は6月頃の花がいい季節に行く予定でしたが、このコロナ 騒ぎで延び延びになっていました。 早朝に自宅をでて、高峰温泉の駐車場に駐めました。{%下降webry…
コメント:0

続きを読むread more

長野の飯盛山で出会った花たち3

「長野の飯盛山で出会った花たち」のつづき(その3)です。 【13】マツヨイグサ(待宵草)、アカバナ科マツヨイグサ属の 一年草です。宵を待って花が咲くというので、この名前が付けら れました。 【14】ヤマトリカブト(山鳥兜)、キンポウゲ科トリカブト属 の多年草です。花が古来の衣装である鳥兜・烏帽子に似ているから とも、鶏の…
コメント:0

続きを読むread more

長野の飯盛山で出会った花たち2

「長野の飯盛山で出会った花たち」のつづき(その2)です。 【6】フシグロセンノウ(節黒仙翁)、ナデシコ科センノウ属の 多年草です。飯盛山の頂上直下で発見しました。 “節黒”は茎が直立し、節は太く膨らんで紫黒色を帯びていること、 また“仙翁”は中国産のセンノウの花に似ているため、この名前と なりました。 【7】センブリ…
コメント:2

続きを読むread more

長野の飯盛山で出会った花たち1

長野の飯盛山に行った際に出会った花の写真をアップします。 当日は、好天の日を選んで行ったこともあり、久しぶりの素晴 らしい天気でした。 【1】マツムシソウ(松虫草)、マツムシソウ科マツムシソウ属 の多年草です。飯盛山の頂上直下に沢山咲いていました。 マツムシの鳴く頃に咲くからであるため、この名前が付けられました。 豪…
コメント:0

続きを読むread more

長野の飯盛山(1,643m)に行ってきました

飯盛山は全国各地にあり、全部で50以上あるそうです。 このため「長野の飯盛山」としました。長野の飯盛山は 「めしもりやま」と呼びますが、福島の会津若松にある 飯盛山は「いいもりやま」と言います。ここの会津若松の 飯盛山は白虎隊で有名な山です。 長野の飯盛山は奥秩父山塊の一部で、東は雲取山、南は 大菩薩嶺まで含まれる広大な山塊…
コメント:0

続きを読むread more

乗鞍と焼岳で出会った花たち4

「乗鞍と焼岳で出会った花たち」のつづき(その4)です。 【25】ヨツバシオガマ(四葉塩釜)、ゴマノハグサ科 シオガマギク属 の多年草です。『塩竈を"浜で美しい"と言うことから "葉まで美しい"にか けた名前』という話が広くでまわっています。 ... 塩釜(塩竈)とは、海水 から塩をつくる釜です。 【26】ミネズオウ(峰…
コメント:0

続きを読むread more

乗鞍と焼岳で出会った花たち3

「乗鞍と焼岳で出会った花たち」のつづき(その3)です。 【17】タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)、ユリ科ホトトギス属の 多年草です。花被片の斑点を鳥類のホトトギス(杜鵑)の胸にある斑点 になぞらえてホトトギスと言い、牧野富太郎によればタマガワホトトギ スの黄色をヤマブキの色に見立て、ヤマブキの名所であった京都府綴喜 郡井手町の…
コメント:0

続きを読むread more

乗鞍と焼岳で出会った花たち2

「乗鞍と焼岳で出会った花たち」のつづき(その2)です。 【8】コマクサ(駒草)、ケマンソウ亜科コマクサ属の多年草 です。美しい花と、常に砂礫が動き、他の植物が生育できない ような厳しい環境に生育することから「高山植物の女王」と呼 ばれています。 和名はその花の形が馬(駒)の顔に似ているこ とから、名付けられました。 【9…
コメント:0

続きを読むread more

乗鞍と焼岳で出会った花たち1

乗鞍(途中、雨のため撤退)と焼岳に行った際に出会った 花たちの写真をアップします。 暫く巣ごもり状態だったので、久しぶりの山旅で出会った 高山植物には感動しました。 【1】ウサギギク(兎菊)、キク科ウサギギク属の多年草 です。私の好きな花の一つです。久しぶりの出合いです。 葉の形がウサギの耳に似ていることから、この名前が…
コメント:0

続きを読むread more

乗鞍と焼岳に行ってきました2

「乗鞍と焼岳に行ってきました」のつづき(その2)です。 初日、乗鞍は想定外の雨に降られ途中撤退、翌日は焼岳を 目指します。 焼岳は長野と岐阜の間に位置し、標高2,455mの活火山です。 以前は紅葉のシーズンに登りましたが、今回は夏山シーズン に登ります。 休暇村乗鞍高原に泊まりましたが、宿の窓から早朝に前日 行ってきた…
コメント:0

続きを読むread more

乗鞍と焼岳に行ってきました1

自粛生活も限界となり、たまらず乗鞍と焼岳に一泊二日で行って きました。乗鞍はこれで3回目、焼岳は2回目となります。 乗鞍は標高2,703mの畳平までバスで行き、そこから1時間半程度 で剣ケ峰(標高3,025m)に行くことが出来ます。 乗鞍岳自体は岐阜と長野の県境に位置する活火山で、日本で19 番目に高い山です。 乗鞍観光…
コメント:0

続きを読むread more

霧ヶ峰・車山(1,925m)で出会った花たち2

「霧ヶ峰・車山(1,925m)で出会った花たち」のつづき(その2) です。 【10】コバイケイソウ(小梅蕙草)、ユリ科シュロソウ属の 多年草です。なかなか美しい花です。↓ 花が「梅」に、葉が中国産の「蕙蘭」に似ており、梅蕙草 (バイケイソウ)より小振りなことから、この名前です。 【11】シラネセンキュウ(白根川芎)、…
コメント:0

続きを読むread more

霧ヶ峰・車山(1,925m)で出会った花たち

霧ヶ峰・車山(1,925m)に行った際に出会った花たちの写真を アップします。 【1】ハクサンフウロ(白山風露)、フウロソウ科フウロソウ属 の多年草です。白山で見つかったフウロであることから、この名前 となりましたが、フウロは「風露」で、夏の朝に、朝霧が露(つゆ) になり、花について風に揺れる様子をたとえたものらしい。↓ …
コメント:0

続きを読むread more

霧ヶ峰・車山(1,925m)に行ってきました2

「霧ヶ峰・車山(1,925m)に行ってきました」のつづき(その2)です。 ****************************** 南の耳(1838m)に到着です。後に八ヶ岳が見えています。↓ 次に北の耳に向かいます。↓ 北の耳から20分ほどで北の耳到着です。↓ 遠くに車山の観測レーダーが豆の様に小さく見え…
コメント:0

続きを読むread more

霧ヶ峰・車山(1,925m)に行ってきました1

霧ヶ峰には夏・冬含めて何度も来ていますが、北の耳・ 南の耳ルートは未だ通ったことが有りませんでした。 なかなか遠くの山に行くことが出来ないので、今回は このルートを歩くことにしました。 霧ヶ峰は日本百名山の一つである車山を中心に東西10km 、南北15kmにわたって広がっています。その名前の通り 年間を通じて霧が生じやすい地…
コメント:0

続きを読むread more

金峰山(2,599m)で出会った花たち

金峰山(2,599m)に行った際に出会った花たちの写真を アップします。 この時期、金峰山はイワカガミが最盛期でした。 【1】イワカガミ(岩鏡)、イワウメ科イワカガミ属の常緑の 多年草です。五丈岩付近の岩場に群生していました。 イワカガミは、岩場に多く生えていて、葉に鏡のような光沢が あることから、こに名前となりました。…
コメント:0

続きを読むread more

金峰山(2,599m)に行ってきました2

「金峰山(2,599m)に行ってきました」のつづき(その2)です。 金峰山は奥秩父山系ですが、北奥千丈岳(2601m)についで2番目の 標高(2599m)をもつ山です。 頂上には15m近い巨石、五丈岩(五丈石)があり、昔から巨石信仰 で知られています。この五丈岩の近くからは、土偶、陶磁器、水晶 玉、古銭などが見つかっていて、平…
コメント:1

続きを読むread more

金峰山(2,599m)に行ってきました1

県境をまたがる移動がやっと解除されたのに伴い、金峰山 に行ってきました。金峰山はこれで4回目ですが、前回は 7年前で久しぶりの登山です。 金峰山は山梨県と長野県の県境にありますが、山梨サイド では「きんぷさん」と呼び、長野サイドでは「きんぽうさ ん」と呼び、呼び方が違います。 ********************…
コメント:0

続きを読むread more