アクセスカウンタ

くーさんのブログ

プロフィール

ブログ名
くーさんのブログ
ブログ紹介
やっとブログデビューです。健康で、明るく、楽しく、品よく生きることをモットーとし、山と花を愛しながら、自分らしく生きたいと思っています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
三頭山(1,531m)に行ってきました2
三頭山(1,531m)に行ってきました2 「三頭山(1,531m)に行ってきました」のつづき(その2)です。 三頭山の3つある峰の中央に位置する中央峰(1,531m)です。 東峰のすぐ近くにあります。霧が益々濃くなってきました。↓ 中央峰から少し下ると西峰への登りです。↓ 最後の急登です。↓ 出発から2時間かからず、西峰に到着です。ここで持参の弁当を 食べます。誰にも会いません。↓ 霧のため展望は全くなし。ほんとうなら富士山も見えるハズ。↓ 休憩と弁当の後、下山開始です。↓ ムシカリ峠に到着です... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/12 16:57
三頭山(1,531m)に行ってきました1
三頭山(1,531m)に行ってきました1 カミさんが体調を崩したため、暫く山旅を自重しておりましたが、やっと 復調してきたため、足慣らしも兼ねて三頭山に行ってきました。 三頭山は、東京都西多摩郡奥多摩町・檜原村、山梨県上野原市、 北都留郡小菅村にまたがる標高1,531mの山。日本三百名山、山 梨百名山の一つに選定されています。また、3つの頂上があるので三頭 山と言われています。 三頭山には過去に数回登っていますが、西峰には立派な頂上標識 ができていました。↑ 8時過ぎに駐車場に入りました。天気はイマイチです。↓ ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/11 20:32
大菩薩嶺(2,057m)に行ってきました2
大菩薩嶺(2,057m)に行ってきました2 「大菩薩嶺(2,057m)に行ってきました」のつづき(その2)です。 伝説によると、甲斐源氏の祖、新羅三郎義光が奥州に遠征時、 道を失ったが、木こりに化けた軍神の導きでここを越えた。彼は軍神 の加護に感謝し、「八幡大菩薩」の名を高らかに称えた。これが山 名の由来とのこと。 神成岩の近くの木の又部分に着生した幼木が紅葉していました。↓ スギゴケが光っていました。↓ 賽ノ河原を通過です。↓ 一気に親不知ノ頭も通過します。↓ かなりな岩場を下っていきます。↓ ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/10 16:01
大菩薩嶺(2,057m)に行ってきました1
大菩薩嶺(2,057m)に行ってきました1 大菩薩嶺は、山梨県甲州市と北都留郡丹波山村に跨る標高 2,057mで、深田久弥の日本百名山には「大菩薩岳」として記 されています。「嶺」は峰とか頂の意味なので、「岳」とどう使い分 けを行っているのかよくわかりません。 大菩薩嶺は近いので、私自身は今回で4回目となり、家内は 10回目だそうです。 台風の余波をくらって、頂上付近は霧の中でした。↓ いつものようにロッジ長兵衛近くの駐車場に車を置いて、登ります。↓ 福ちゃん荘までは車道が続いています。↓ 車道歩きはつまらな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/09 18:53
三本槍岳(1,917m)に行ってきました2
三本槍岳(1,917m)に行ってきました2 「三本槍岳(1,917m)に行ってきました」のつづき(その2)です。 頂上は快晴でしたが、台風の余波をくらって風が強かったです。 登山口から2時間20分、ちょうどコースタイム通りの時間で頂上 に到着です。頂上には山名「三本槍」の由来の説明がありました。↓ 頂上付近では紅葉が始まっていました。↓ 越してきたピークのあたりも紅葉が始まっています。↓ 朝日岳の手前にある面山あたりが一番紅葉しているかな〜!↓ 紅葉の絨毯が美しい。↓ 朝日岳の後... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/04 10:21
三本槍岳(1,917m)に行ってきました1
三本槍岳(1,917m)に行ってきました1 14年ぶりに那須岳最高峰の三本槍岳(1,917m)に行ってきました。 三本槍岳は福島県と栃木県の境界に位置し、奥羽山脈の南端でも あります。那須岳は日本百名山ですが、その最高峰が三本槍岳です。 昔、芦野藩、黒羽藩、会津藩の三藩の境界線上にあることから、各藩 が領界確認のためにそれぞれ槍を立てたことが、この山名の由来と言わ れています。 本当なら前日は茶臼岳に登る予定でした、台風24号の余波を くらって雨、仕方なく観光になってしまいました。翌日は晴れ、少し 風が強いけれど、那須... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/03 20:28
霧ヶ峰で出会った花たち2
霧ヶ峰で出会った花たち2 「霧ヶ峰で出会った花たち」のつづき(その2)です。 [11]マツムシソウ(松虫草)、マツムシソウ科マツムシソウ属の多年草 です。この花が見たくて、霧ヶ峰までやってきました。↓ マツムシが鳴くころに咲くからこの名前が付いたと言う説と、六部巡礼が 使う松虫鉦に、花が散った後の形が似ているからと言う説があります。 花が散った後はこのようになり、これはこれで美しいですね。↓ [12]ノハラアザミ(野原薊)、キク科アザミ属の多年草です。「アザミ」の 名は、古語でアザミの葉のように... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/12 09:45
霧ヶ峰で出会った花たち1
霧ヶ峰で出会った花たち1 霧ヶ峰に行った際に出会った花たちの写真をアップします。 [1]アケボノソウ(曙草)、リンドウ科センブリ属に分類される 2年草です。久しぶりの出会いです。↓ 花全体の色の白を明け方の空に、花の先端に散らばる小さな黒紫の 点を暁の星に見立てたことから、この名前になりました。 [2]アキノキリンソウ(秋の麒麟草)、キク科アキノキリンソウ属 の多年草です。花色が麒麟に似ているからかなと思ったのですがそう ではなく、キリンソウに似て秋に咲くからだそうです。↓ [3]アサマフウロ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/09/11 14:43
初秋の霧ヶ峰(車山:1,925m)に行ってきました2
初秋の霧ヶ峰(車山:1,925m)に行ってきました2 「初秋の霧ヶ峰(車山:1,925m)に行ってきました」のつづき (その2)です。 霧ヶ峰は、日本では代表的なアスピーテ型火山(楯状火山)です。 台地状の山体に特色があるばかりか、その大半が草原となっていて、 特異な景観をっくり出しています。この季節は、ススキで覆われています。↓ 霧ヶ峰の真ん中あたりに、沢渡分岐があります。↓ 蝶々深山に到着です。蝶の形をした石があるとか、シジミ蝶がたくさんいる とか・・・・名前の由来は色々です。↓ 車山乗越に到着です。↓ ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/09 13:33
初秋の霧ヶ峰(車山:1,925m)に行ってきました1
初秋の霧ヶ峰(車山:1,925m)に行ってきました1 霧ヶ峰高原は、主峰車山(1,925m)を中心として標高1,500〜 1,900m、東西10km・南北15kmに広がる緩やかな地形で、大部 分は草原です。霧ヶ峰火山群は、八ヶ岳連峰とほぼ同時代 (約140万年前)に噴火し、大爆発により、火口から山頂の部分 が吹き飛ばされました。 吹き飛ばされる前の山頂は、今の車山の東 側にあったと考えられています。なだらかな稜線の美しさは、植物の豊 かさとともに霧ヶ峰の魅力のひとつとなっています。 車山は今回で5回目となりますが、いつ来ても気持ちい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/08 19:48
悪沢岳(荒川岳:3,141m)で出会った花たち2
悪沢岳(荒川岳:3,141m)で出会った花たち2 「悪沢岳(荒川岳:3,141m)で出会った花たち」のつづき(その2) です。 [9]タカネマツムシソウ(高嶺松虫草)、マツムシソウ科マツムシ ソウ属の越年草です。↓ マツムシソウの名前の由来はマツムシの鳴くころに咲くからという説と、マツ ムシソウの実の形がマツムシと呼ばれる仏具の叩鉦の形に似ているからと いう説があるそうです。 [10]タカネナデシコ(高嶺撫子)、ナデシコ科ナデシコ属の多年草 です。嶺は高山を指し、撫子とは花が愛らしいので慈しむ意味からタカネ ナデシ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/02 14:52
悪沢岳(荒川岳:3,141m)で出会った花たち1
悪沢岳(荒川岳:3,141m)で出会った花たち1 台風20号が吹き荒れた直後に悪沢岳に行ってきました。 ホント遠かった〜! この際に出会った花たちの写真をアップ します。 [1]アカイシリンドウ(赤石竜胆)、リンドウ科 タカネリン ドウ属の多年草です。絶滅危惧種で、私も実物を見るのは 始めてです。丸山を越して、悪沢岳に向かう途中で見つけ ました。↓ [2]イワインチン(岩茵?)、キク科キク属の多年草です。イワヨモギや インチンヨモギとも呼ばれます。和名のインチン(茵?)は、カワラヨモギの生 薬名である茵?蒿(インチンコウ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/01 14:17
悪沢岳(荒川岳:3,141m)に行ってきました2
悪沢岳(荒川岳:3,141m)に行ってきました2 「悪沢岳(荒川岳:3,141m)に行ってきました」のつづき(その2)です。 深田久弥の「日本百名山」によれば、明治の文献にある地元の猟師 が語ったという次のような言葉、 「この山より出づる渓流の西股に注ぐ もの甚だ険悪なれば、これを悪沢と呼び、この山すなわち悪沢岳と言 ふなり」 が山名の由来ということらしい。 千枚岳まで登ると、次に行く丸山(3.032m)が手前に見えます。近く に見えるけれど、丸山頂上まで50分はかかります。↓ 小赤石岳、赤石岳、聖岳も見えます。↓ ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/31 14:48
悪沢岳(荒川岳:3,141m)に行ってきました1
悪沢岳(荒川岳:3,141m)に行ってきました1 日本百名山の一つであり、日本で6番目の標高をもつ 悪沢岳に行ってきました。1人で行くには自信がなかった ので山のツアーに紛れ込んでの登山です。 しかし遠い山でした。登山口の椹島(さわらじま)に行く のにバスで8時間もかかり、ほぼ一日がかりとなります。 登山口にある椹島ロッジです。am8時に東京をバスで出発して 椹島に着いたのが午後4時半です。遠かった〜↓ 椹島を早朝出発し、見晴台(2,120m)で休憩です。ここから 荒川三山(前岳、中岳、東岳(悪沢岳))が良く見えました。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/30 15:48
谷川岳で出会った花たち
谷川岳で出会った花たち 日帰りで谷川岳に行ってきました。その際に出会った花たち の写真をアップします。 「1]オヤマリンドウ(御山竜胆)、リンドウ科リンドウ属の 多年草です。ある程度標高の高い亜高山や高山に咲くリン ドウであるため、この名前となりました。↓ [2]ツルリンドウ(蔓竜胆)、リンドウ科ツルリンドウ属の多年草 です。リンドウに似たつる性であることから、この名前となりました。↓ [3]ハクサンオミナエシ(白山女郎花)、オミナエシ科オミナエシ属 の多年草です。白山で見つかったオミナエシであ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/24 17:59
谷川岳(1,977m)に行ってきました2
谷川岳(1,977m)に行ってきました2 「谷川岳(1,977m)に行ってきました」のつづき(その2)です。 手前のことを「トマ」と呼ぶため、天神尾根ルートから登って、手前 (トマ)のピークがトマの耳、奥(オキ)のピークがオキの耳と呼ぶ そうです。これは「トマの耳」です。↓ スタートから2時間10分かかって肩の小屋に到着です。↓ 霧がでてきました。↓ 登り始めてから2時間半で「トマの耳」(標高1,963m)に到着です。↓ ここまで来ると、万太郎山と仙ノ倉山の位置が入れ替わって見えます。↓ ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/23 10:28
谷川岳(1,977m)に行ってきました1
谷川岳(1,977m)に行ってきました1 谷川岳は群馬・新潟の県境にあり、頂部は双耳峰となっており、 トマの耳(標高1,963m)、オキの耳(標高1,977m)と呼 ばれています。谷川岳には今回で4回目の登頂となります。 谷川岳ロープウェーを降りたら、遠くに頂上部が見えます。素晴らしい天気 ですが、午後は少し危ない予報のため、急いで登ります。↓ 天神峠(標高約1,500m)から見た谷川岳も美しい。↓ 谷川岳の左側はオジカ沢の頭です。↓ まずは平坦な登山道を歩き始めます。↓ 頂上まで遠いな〜↓ ス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/22 19:55
蝶ケ岳(2,677m)で出会った花たち3
蝶ケ岳(2,677m)で出会った花たち3 「蝶ケ岳(2,677m)で出会った花たち」のつづき(その3)です。 [31]トモエソウ(巴草)、オトギリソウ科オトギリソウ属 の多年草 です。上高地の自然遊歩道で見つけました。花の形が巴になっている ことから名付けられました。↓ [32]タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)、ユリ科ホトトギス属の 多年草です。ホトトギスは、鳥のホトトギスからで、紫の斑点をホトト ギスの胸の斑点に見立てたといい、タマガワは花の色の黄色をヤマブ キに見立て、ヤマブキの名所として知られる京都府綴喜郡井手町... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/09 15:28
蝶ケ岳(2,677m)で出会った花たち2
蝶ケ岳(2,677m)で出会った花たち2 「蝶ケ岳(2,677m)で出会った花たち」のつづき(その2)です。 [11]キンレイカ(金鈴花)、オミナエシ科の多年草です。横尾 から徳沢に向かう谷筋に咲いていました。↓ 花姿と花色とからの命名と推測されています。 [12]クサボタン(草牡丹)、キンポウゲ科センニンソウ属の多年草 です。↓ 葉が牡丹に似た草−−ということで名付けられました。 [13]ゲンノショウコ(現の証拠)、フウロソウ科フウロソウ属の 多年草です。民間薬として有名で、下痢止めの効果があるほか、 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/08 19:49
蝶ケ岳(2,677m)で出会った花たち1
蝶ケ岳(2,677m)で出会った花たち1 蝶ケ岳に行った際に出会った花たちの写真をアップします。 [1]コバノイチヤクソウ(小葉の一薬草)、ツツジ科イチ ヤクソウ属の常緑の多年草です。↓ 「一薬草」の名前は民間薬として葉の絞り汁を虫さされや切り傷に つけて止血剤として使い,また煎じて飲むと脚気に効く事に由来し ており、イチヤクソウに対して葉が小さいことから、この名前になりました。 これほど群生しているのに出会ったのは初めてです。ベニバナイチヤクソウ の群落には以前に出会いました。 蝶ケ岳の標高2500m付... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/07 20:48
蝶ケ岳(2,677m)に行ってきました2
蝶ケ岳(2,677m)に行ってきました2 「蝶ケ岳(2,677m)に行ってきました」のつづき(その2)です。 蝶ヶ岳から蝶ヶ岳ヒュッテにかけての稜線から見る穂高連峰と 槍ヶ岳の大展望は霧で暫くの間しか見ることが出来ませんで したが、それでも一応見ることはできました。 右から、槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳、大キレット、北穂高岳、 涸沢岳、奥穂高岳、前穂高岳−−全部見えた〜↓ 槍ヶ岳を中心にアップにしてみました。やはり槍ヶ岳は絵になるな〜↓ 北穂、奥穂、前穂の穂高です。↓ この後、一気に霧がでてきて見えなくなり... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/06 17:15
蝶ケ岳(2,677m)に行ってきました1
蝶ケ岳(2,677m)に行ってきました1 常念山脈の主峰、常念岳の南に起伏の少ない山稜を横たえる のが蝶ヶ岳です。5月末から6月にかけて、この地味な山稜の一部 に黒い蝶が舞うような雪形が現れる。松本平の農事暦の1つで、 山名もこれからつけられていると言われています。 前日にバスで上高地に入り、横尾山荘に泊まりました。4時半起床、5時 から朝食、その後5時半には蝶ケ岳山頂に向けて出発です。↓ 横尾山荘から早朝(am5:03)に前穂高岳(3,090m)の頂上部分 が赤く染まって見えました。月も見えます。↓ 山荘前... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/05 20:32
富良野岳で出会った花たち4
富良野岳で出会った花たち4 「富良野岳で出会った花たち」のつづき(その4)です。 [31]ミネズオウ(峰蘇芳)、ツツジ科の常緑小低木です。 十勝岳の雲ノ平で出会いました。↓ 和名の蘇芳(スオウ)は、イチイのことで、葉がイチイに似てい ること、高い峰に生えることから、この名前になりました。 [32]フデリンドウ(筆竜胆)、リンドウ科リンドウ属に分類され る越年草です。↓ 陽に当たると開くが、曇っていると蕾んでいるためその姿が筆のよう な姿をしているリンドウ−−ということです。 [33]ハクセ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/04 16:21
富良野岳で出会った花たち3
富良野岳で出会った花たち3 「富良野岳で出会った花たち」のつづき(その3)です。 [21]コマクサ(駒草)、ケマンソウ亜科コマクサ属の多年草 です。富良野岳の頂上直下で見つけました。↓ 花の形が馬(駒)の顔に似ていることから、この名前になりました。 [22]コエゾノツガザクラ(小蝦夷栂桜)、ツツジ科ツガザクラ 属の常緑小低木です。とアオノツガザクラの交雑種で、両方が自生 する場所に自生しています。↓ [23]コガネイチゴ(黄金苺)、バラ科キイチゴ属に分類される 草本状のほふく性落葉低木です。光沢... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/03 09:21
富良野岳で出会った花たち2
富良野岳で出会った花たち2 「富良野岳で出会った花たち」のつづき(その2)です。 「11]エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)、ツツジ科ツガザクラ 属の常緑小低木です。↓ 北海道に自生するツガザクラの仲間−−という意味で、「ツガ」 は葉の形が針葉樹のツガに似ており、「サクラ」は花の形が似て いることから、この名前となりました。 「12」エゾノハクサンイチゲ(蝦夷白山一華)、キンポウゲ科 イチリンソウ属の多年草です。北海道に自生するハクサンイチゲ ということから、この名前になりました。↓ [13」エゾ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/02 21:09
富良野岳で出会った花たち1
富良野岳で出会った花たち1 二泊三日で北海道の富良野岳、姿見平(旭岳)、雲ノ平 (十勝岳)に行った際に出会った花たちの写真をアップします。 [1]チシマノキンバイソウ(千島の金梅草)、キンポウゲ科 キンバイソウ属の多年草です。富良野岳で出会いました。↓ 蕾は緑色で、これが美しい黄色に変わります。 千島(チシマ)で見つけられたキンバイソウのため、この名前となりました。 「2]アオノツガザクラ(青の栂桜)、ツツジ科ツガザクラ属の常緑 小低木です。姿見平に咲いていました。↓ 白色の花のツガザクラに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/29 20:43
雲ノ平(十勝岳)に行ってきました
雲ノ平(十勝岳)に行ってきました 北海道の山旅3日目、十勝岳の途中から美瑛岳に向かう 途中にある雲ノ平に行ってきました。 十勝岳は以前に登ったことがあり、出来れば美瑛岳に登りた かったのですが、帰りの飛行機の時間の関係から雲ノ平まで となりました。 登山口の駐車場に7時半前に到着、ここで登山の準備を おこないました。↓ 十勝岳登山口からスタートです。正面の十勝岳は雲の中です。↓ 望岳台に到着、今日は望岳は望めないか?↓ 30分ほどで白銀荘分岐に到着です。↓ スタートから1時間ほどで美瑛... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/29 14:50
富良野岳(1,912m)に行ってきました2
富良野岳(1,912m)に行ってきました2 「富良野岳(1,912m)に行ってきました」のつづき(その2)です。 頂上近くになって霧が晴れてきました。↓ 頂上近くの登山道の両脇にはチングルマやエゾノハクサンイチゲ が咲き乱れています。↓ スタートから3時間半で富良野岳頂上です。↓ 安政火口の向こうに十勝岳が見えます。↓ 十勝岳には以前登っていますが、富良野岳から見る十勝岳は 素晴らしい山容です。↓ 雲海が下に見えます。↓ 持参の弁当を食べ、休憩したら下山です。↓ 下山のころ、また霧が出て... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/27 20:27
富良野岳(1,912m)に行ってきました1
富良野岳(1,912m)に行ってきました1 北海道の山旅2日目、富良野岳に登りました。 富良野岳は十勝連峰最南端の山で、北に険しい尾根を 引いた姿が魅力的な山です。十勝連峰中では最も花の 多い山であり、花の百名山に剪定されている。 アイヌ語で「フラヌ」とは匂いのあるという意味で、ヌッカクシ フラヌイ川を指しているらしい。本来のアイヌ名はオッチシ パンサイウシベ「下の峠山」であったとか−−。 十勝岳温泉の駐車場に8時前に到着、既に駐車場は満杯 状態で、偶然空いた場所に何とか駐車。50台は駐車可能 と聞いていて、平日なの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/26 20:14
姿見平(旭岳)に行ってきました
姿見平(旭岳)に行ってきました 富良野岳への山旅の初日、時間があったので旭岳の姿見平に 行ってきました。本当は、姿見平を一周いた後、下山コースを 通って旭岳登山口まで下ってくるつもりでしたが、数日前から 下山道にヒグマの親子がうろついているらしく、通行止めになっ ており、仕方なく姿見平をユックリ一周することにしました。 後は大雪山旭岳です。霧と噴気で頂上が隠れています。↓ 旭川空港からレンタカーで大雪山旭岳ロープウェイまでやってきました。 ロープウェイ姿見駅からスタートです。↓ ヒグマ親子がうろついてい... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/25 20:13

続きを見る

トップへ

月別リンク

くーさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる