くーさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳴神山で出会った花たち1

<<   作成日時 : 2018/05/16 16:59   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

カッコソウを見たくて群馬県の鳴神山に行ってきました。

その際に出会った花たちをアップします。

白いヒメイワカガミ(姫岩鏡)、イワウメ科イワカガミ属の常緑多年草

です。桐生岳の直下の斜面に咲いていました。↓

ヒメイワカガミ4●_edited-1

岩場に自生が見られ、葉の光沢が強いことから鏡に見立てたこと

から、イワカガミとなりました。「ヒメ」は、小さいことを意味しています。

ヒメイワカガミ1●_edited-1

ピンクのイワカガミはよく見かけますが、白いのも美しいな〜爆笑

ヒメイワカガミ3●_edited-1

ウラシマソウ(浦島草)、サトイモ科テンナンショウ属の宿根性の多年草

です。長い釣り糸のようなものが、花から突き出して垂れ下がっていて、そ

の様子を浦島太郎が吊りしているような竿に見立てたのが名前の由来と

言われています。鳴神山のいたるところに群生していました。↓

ウラシマソウ2●_edited-1

ウツギ(空木)、アジサイ科ウツギ属の落葉低木です。名前の由来は、

茎を折ると中が中空(空洞)になっている事によるもので、「ウツロギ(空ろ

木)」が「ウツギ」に転訛した説もあります。↓

ウツギ1●_edited-1

ヒイラギソウ(柊草)、シソ科キランソウ属です。この花は初めて

見ました。鳴神山で見られるとは思ってもいませんでした。↓

ヒイラギソウ4●_edited-1

ギザギザとした葉の形がヒイラギを思わせることから、この名前が付けられ

ました。

ヒイラギソウ1●_edited-1

群生していました。

ヒイラギソウ6●_edited-1

ツクバネウツギ(衝羽根空木)、スイカズラ科ツクバネウツギ属の

落葉低木です。和名は、果実がプロペラ状の萼片をつけ、羽根

突きの「衝羽根」に似ていることから付けられました。↓

ツクバネウツギ1●_edited-1

つづきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳴神山で出会った花たち1 くーさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる