くーさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 木曽駒ヶ岳で出会った花たち3

<<   作成日時 : 2017/07/19 10:56   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

「木曽駒ヶ岳で出会った花たち」のつづき(その3)です。

ハクサンイチゲ(白山一華)、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草

です。この時期を代表する高山植物です。↓

ハクサンイチゲ2_edited-1

和名の由来は、石川県の白山で発見されたイチゲで、イチゲ

は「一華草(一輪草の別名)」の仲間だからだそうです。

ハクサンイチゲ1_edited-1

タカネザクラ(高嶺桜)、バラ科サクラ属です。別名は峰桜(ミネザクラ

)とも言います。千畳敷カールに咲いていました・↓

タカネザクラ1_edited-1

チシマアマナ(千島甘菜)、ユリ科チシマアマナ属の多年草です。

アマナに似た植物であり、最初に千島列島のウルップ島で見つかった

ことから、この名前が付けられました。↓

チシマアマナ1_edited-1

チングルマ(稚児車)、バラ科ダイコンソウ属の落葉小低木です。

名の由来は、花の後にできる長い毛を持った集合果を稚児車(チ

ゴグルマ=子どもの玩具の風車)に見立てたものが訛ったというのが

定説です。↓

チングルマ2_edited-1

白くて美しい花です。

チングルマ1_edited-1

ヒメイチゲ(姫一華)、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草です。

「一華」はイチリンソウ属の花のことを指し、 イチリンソウ属の中でも

小さくて繊細な容姿から「姫」がついたと言われています。↓

ヒメイチゲ1_edited-1

ヒメイチゲ2_edited-1

ヒメウスユキソウ(姫薄雪草)、ウスユキソウ属の多年草です。

別名、コマウスユキソウとも言います。オヤマノエンドウと比べれば

小さいことが判ります。↓

ヒメウスユキソウ1_edited-1

ホソバキリンソウ(細葉麒麟草)、ベンケイソウ科キリンソウ属の

多年草です。和名は同属のキリンソウに比して葉が細長いことから

付けられました。キリンソウ(麒麟草)の名前の由来には2説があり、

花の色から古代の中国に伝わる想像上の生き物で、牛の尾と馬の

蹄を持ち、頭部には角がある「麒麟」を連想し、キリンソウ(麒麟草)

が葉の形に似た雲がたなびくとした伝説に基づいたという説と、花序

を上から見ると黄色の輪のように見えることから「黄輪」となったという

説があるそうです。↓

ホソバノキリンソウ1_edited-1

スイレンが駒ヶ根市内の池に咲いていました。(番外編)↓

スイレン4_edited-1

スイレンの花って透明感があって美しいですね。

スイレン1_edited-1

スイレン5_edited-1

つづきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
木曽駒ヶ岳で出会った花たち3 くーさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる