くーさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅草岳で出会った花たち5

<<   作成日時 : 2018/07/06 17:43   >>

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

「浅草岳で出会った花たち」のつづき(その5)です。

[29]ユキザサ(雪笹)、ユリ科の多年草です。葉が笹の

葉に似て、花が雪のように白く、細かいことから、この名前が付け

られました。↓

ユキザサ3_edited-1

ユキザサで、これほど立派な花をみるのは初めてかも。

ユキザサ1_edited-1

[30]ミツバオウレン(三葉黄蓮)、キンポウゲ科オウレン

属の多年草です。花がオウレンに似ていて、3つの小葉を持つ

ことから、この名前が付けられました。↓

ミツバオウレン2_edited-1

[31]モウセンゴケ(毛氈苔)、モウセンゴケモウセンゴケ

属に分類される多年草です。↓

モウセンゴケ2_edited-1

赤い毛織の毛氈(もうせん)を敷いたように、地面低く生える

様子を苔に見立てて、この名前が付けられました。頂上近く

の地塘で見つけました。

モウセンゴケ4_edited-1

[32]モミジカラマツ(紅葉唐松)、キンポウゲ科モミジカラマツ

属の宿根性多年草です。葉の形がモミジの葉に似ており、白い糸

状の花がカラマツの葉に似ていることから、この名前が付けられまし

た。↓

モミジカラマツ_edited-1

[33]ヤマツツジ(山躑躅)、ツツジ科ツツジ属の半落葉低木

です。ツツジの名の由来はよくわかっていないようです。古い時代に

既に「ツツジ」と呼ばれています。なお、「次々に咲く」から転訛した

という説や、花の形態から「筒咲く」から転訛したという説などがあり

ます。↓

ヤマツツジ2_edited-1

[34]ヤマボウシ(山法師)、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の

落葉高木です。中央の球形の頭状花序を僧侶(山法師)の頭に、そ

れより下の部分から出ている4枚の白色の総苞片を頭巾に見立て、

比叡山延暦寺の「山法師」になぞられたものだという。↓

ヤマボウシ1_edited-1

[35]ユキツバキ(雪椿)、ツバキ科ツバキ属の常緑低木で

す。ユキツバキは雪に覆われて地表に押しつけられた形で過ごし、

春に雪解けが始まるとその姿を現す。すると、倒れていた枝は次

第に立ち上がり、花をつけます。この時期に見られるということは

ごく最近まで雪が残っていたことを意味するのでしょう。↓

ユキツバキ1_edited-1

[36]ワタスゲ(綿菅)、カヤツリグサ科ワタスゲ属の多年草

です。白い果穂が綿のようで、葉がスゲに似ていることから、この名

前が付けられました。綿の部分が濡れています。↓

ワタスゲ_edited-1

浅草岳は雪渓が未だ残っており、雪が消えた部分に一斉に

高山植物が咲いて迎えてくれました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅草岳で出会った花たち5 くーさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる