くーさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅草岳で出会った花たち3

<<   作成日時 : 2018/07/05 10:22   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

「浅草岳で出会った花たち」のつづき(その3)です。

[15]コケモモ(苔桃)、ツツジ科スノキ属の常緑小低木

です。地面をはうように成長する姿が苔のようであり、丸く赤い

実は桃のようであることから、この名前が付けられました。↓

コケモモ4_edited-1

前岳手前に群生していました。

コケモモ6_edited-1

[16]ミドリゴゼンタチバナ(緑御前橘)、まさに緑色のゴゼン

タチバナです。↓

ゴゼンタチバナ緑1_edited-1

前岳で見つけました。緑色のものは初めての出会いです。何か

いいことあるかな〜爆笑

ゴゼンタチバナ緑3_edited-1

[17]サワフタギ(沢蓋木)、ハイノキ科ハイノキ属の落葉低木

です。沢を塞いでしまうように枝が張るため、この名前が付けられました。↓

サワフタギ3_edited-1

[18]サンカヨウ(山荷葉)、メギ科サンカヨウ属の多年草

です。サンカヨウの葉がハス(ハスの葉の漢名が荷葉(かよう)

と呼ぶ)の葉に見立てられ、山に咲くハスであるから山荷葉

となったといわれています。林道で発見しました。↓

サンカヨウ1_edited-1

[19]ショウジョウバカマ(猩々袴)、メランチウム科ショウジョウ

バカマ属の多年草です。花が赤いのを猩々(中国の伝説上の動物

のこと)になぞらえ、根生葉の重なりが袴に似ていることから名付けら

れました。雪渓が消えた後に咲いていました。↓

ショウジョウバカマ1_edited-1

[20]シラネアオイ(白根葵)、キンポウゲ科(シラネアオイ科と

して分けることも多い)シラネアオイ属の多年草です。日光白根山に

多く自生し、花がタチアオイ(立葵)に似ることから、この名前が付けら

れました。↓

シラネアオイ1_edited-1

[21]タニウツギ(谷空木)、スイカズラ科タニウツギ属の落葉

小高木です。谷間に多く生えていることから、「谷空木」と言われ、

空木(うつぎ)とは、髄が消失し中空になる木を言うが、タニウツギ

には白い髄が詰まっている。↓

タニウツギ2_edited-1

つづきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅草岳で出会った花たち3 くーさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる