くーさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS カナリア諸島のテイデ山(3,718m)に行ってきました5

<<   作成日時 : 2018/06/21 16:41   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

カナリア諸島のテイデ山(3,718m)に行ってきました」のつづき

(その5)です。[出発から5日目]

カナリアのラ・オロタバで年一度行われるフラワーカーペット祭り

に行きました。これ全部本物の花びらで出来ています。↓

25-1406

テイデ山に登った翌日、テネリフェ島のラ・オロタバで行われるフラワー

カーペット祭りに行くために、バスでホテルを出発。時間があるので

世界遺産のラ・グーナに行きました。お婆さんが像に花を供えてい

ます。日本でいうとお地蔵さんに花をあげるってところかな〜↓

2ラ・グーナ932

街並みはいかにもスペイン風です。↓

3-934

サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナは、アフリカ大陸の北西部の

大西洋に浮かぶスペイン領カナリア諸島のテネリフェ島北部の

都市であるサン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナの都市景観から

なる世界遺産です。一般的には単に「ラ・ラグーナ」と呼ばれ

るこの都市は、近年リゾート地として栄え、ヨーロッパの人々

の中で最も人気のあるリゾート地のひとつに数えられています。

3-940

サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナの本格的な都市づくりが

始まったのは、カスティージャ王国の一部となった約500年

前。はじめての非要塞型都市として、その後のラテンアメリ

カに建設される植民都市のモデルとなり、約500年前の航

海術や哲学に基づいて設計された都市は、現代でも崩れ

ることなく残されています。

3-943

保存状態よく残された約600か所のムデハル様式の建物は、

多くの住民から愛されて守られてきたもので、ヨーロッパとアメ

リカ大陸の文化交流の足跡を色濃く残しています。

4-954

背の高いヤシの木と寺院がよくマッチしています。↓

6-1006

6-1002

6-1006a

道は全て石畳で出来ています。↓

6-1006b

スペインが貿易で栄えたころの商人の家に入ってみると、中庭の家屋

の壁はかなり凝った木造の造りになっています。↓

7-1015

8-1015

屋根瓦も昔のままのものだそうです。所々に雑草が生えていますが、

日本でいうと「ペンペン草」のようなもの?↓

9-1016

現地の小学生と遭遇、日本人は珍しいらしく、興味深々に

見つめられました。それとも、不審者に見られたかな?↓

9-1020

村役場にスペイン国旗が掲げられています。↓

10-1025

左が教会で、右が兵舎です。教会と兵舎が並んで建っている

のも不思議な感じですね。↓

11-1050

街の中心部に市場があったので覗いてみました。教会のシスターも

お買い物に来ています。↓

11-1116

果物はホント豊富です。色とりどりの果物が並べられていあmす。↓

11-1108

花も豊富です。フラワーカーペット祭りを行うだけのことはあるな〜↓

11-1112

市場に鳥屋があって、いろいろなカナリアを売っています。カナリアの

語源になっただけのことはある。↓

11-1114

周囲が海だけあって、魚もまたいろとりどりです。↓

11-1123

ここでも教会のシスターがお買い物中でした。↓

11-1136

これは胡椒だそうです。↓

11-1125

ナッツ屋さんです。↓

11-1128

ドライフルーツです。安かったので行動食用に少し買いました。↓

11-1127

チーズ屋です。チーズも種類が豊富です。↓

11-1128a

11-1123a

市場は結構楽しめました。

つづきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カナリア諸島のテイデ山(3,718m)に行ってきました5 くーさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる