くーさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 薬師・早峰池・焼石で出会った花たち1

<<   作成日時 : 2017/07/04 20:48   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

6月末に岩手県の薬師岳・早峰池山・焼石岳に行ってきました。

もっとも早峰池山は悪天候のため、途中で撤退したのですが−−。

焼石岳は標高は1548mとそれほど高い山ではありませんが、この

時期は未だ雪渓が至る所に残っており、雪が消えるあたりで高山

植物を沢山見ることができました。

まずは、イワウメ(岩梅)です。イワウメ科イワウメ属の常緑低木

で、北海道から本州中部までの高山帯の岩礫地や岩稜地に生育

しています。薬師岳の頂上付近に群生していました。↓

イワウメ7_edited-1

岩場に咲き、梅に似ていることから、この名前「イワウメ」が付けられました。

イワウメ4_edited-1

久しぶりの出会いでした。感激です。それにしても美しい〜↓

イワウメ6_edited-1

イソツツジ(磯躑躅)、ツツジ科イソツツジ属の常緑小低木です。

昨年、北海道でエゾイソツツジに出会いましたが、それ以来の出会

いです。エゾがなまってイソになったとか言われています。↓

イソツツジ1_edited-1

イワイチョウ(岩銀杏)、ミツガシワ科の多年草です。多雪地の亜高山

帯以上に生える多年草で、葉の形がイチョウの葉に似ているというのが

名の由来だそうです。秋になるとまるで銀杏の葉のように黄色に紅葉して

いるのを見ると納得できます。↓

イワイチョウ1b_edited-1

エンレイソウ(延齢草)、ユリ科エンレイソウ属の多年草です。

成長がゆっくりで、花が咲くまで10年以上かかるが、いちど花を咲かせる

と何年も同じ株が生きていられるというのが、この名の由来です。↓

エンレイソウ1b_edited-1

ウワミズザクラ(上溝桜)、バラ科ウワミズザクラ属の落葉高木です。

漢字では「上溝桜」とされていますが、溝というのは亀甲に刻まれている

溝のことを示しており、肩甲骨の場合は骨を焼くのがこの木で、予め彫ら

れた骨の裏の溝を焼くことから「裏溝」「卜溝」のウラミゾが変化してウワ

ミゾになったと言われます。由来はともかく、美しい花ですね。↓

ウワミズザクラ1_edited-1

オオカメノキ(大亀の木)、レンプクソウ科ガマズミ属の落葉低木です。

虫が好むというのでムシカリ「虫狩」が正式名だが、亀の甲羅のような形

をしたちりめん状の葉から別名の付いた、オオカメノキ「大亀の木」のほう

が名が通っていあmす。↓

オオカメノキ4b_edited-1

オオカメノキ3b_edited-1

コイワカガミ(小岩鏡)、イワウメ科イワカガミ属の多年草です。

薄いピンクがかわいらしいです。↓

コイワカガミ4b_edited-1

コイワカガミ3b_edited-1

つづきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
薬師・早峰池・焼石で出会った花たち1 くーさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる