くーさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 薬師・早峰池・焼石で出会った花たち4

<<   作成日時 : 2017/07/06 10:14   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

「薬師・早峰池・焼石で出会った花たち」のつづき(その4)です。

シラネアオイ(白根葵)、キンポウゲ科(シラネアオイ科として分け

ることも多い)シラネアオイ属の多年草です。右後に雪渓が見えま

す。↓

シラネアオイ6b_edited-1

じつは花のように見えるものは、4枚の萼片です。 アオイと付きますが、

アオイ目の植物ではありません。 花名の由来は、日光白根山に多く

生息し、花(野用に見えるもの)がタチアオイ(立葵)に似ることによ

ります。

シラネアオイ4b_edited-1

薄紫がとても美しい花です。焼石岳の中腹で出会いました。

シラネアオイ10b_edited-1

ツクバネソウ(衝羽根草)、ユリ科ツクバネソウ属の多年草です。

名前は、「衝く羽根草」で茎の頂部に4枚輪生する葉を、羽根衝きの

羽根に見立て、花後の球形の黒く熟した液果を、羽根に見立てています。↓

ツクバネソウ1a_edited-1

ツバメオモト(燕万年青)、ユリ科ツバメオモト属の多年草です。

和名の由来には、葉がオモトに似ている上で、葉が開くのを刀の鍔

に見立てて、鍔の芽からツバメや、果実の色がツバメの頭に似てい

ることだと言われています。↓

ツバメオモト1_edited-1

薬師岳で出会いましたが、一番美しく咲いた時期に見ることができた

ようです。

ツバメオモト3_edited-1

ツマトリソウ(褄取草)、サクラソウ科ツマトリソウ属の多年草です。

和名の由来は、花弁の先端にしばしば淡い紅色の縁があり、その色の

入り方が鎧の威色目の一つである褄取りに似ているためと言われています。↓

ツマトリソウ1b_edited-1

ツルアジサイ(蔓紫陽花)、アジサイ科アジサイ属の落葉つる性木本です。

名前は、蔓性のアジサイということから付けられました。雨で撤退した早峰池

山の麓にある早峰池神社で見つけました。↓

ツルアジサイ1a_edited-1

ツルシキミ(蔓樒)、ミカン科ミヤマシキミ属の常緑低木です。茎の下部が

蔓状に地面を這い、葉の様子がシキミに似ていることから、この名が付けられ

ました。↓

ツルシキミ_edited-1

テンナンショウ(天南星)、被子植物単子葉類サトイモ科に属する植物です。↓

テンナンショウ_edited-1

ナナカマド(七竈)、バラ科の落葉高木です。大変燃えにくく、

7度竃(かまど)に入れても燃えないために、この名前が付いた

という説が一般的です。↓

ナナカマド1b_edited-1

つづきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
薬師・早峰池・焼石で出会った花たち4 くーさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる