くーさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都御苑で出会った花たち

<<   作成日時 : 2017/03/02 14:53   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2月、京都御苑に行った際に出会った花たちをアップします。

京都御苑は、江戸時代二百もの宮家や公家の邸宅が立ち並ぶ町でした。

明治になって都が東京に移り、これら邸宅は取り除かれ、公園として整備さ

れ市民へ開放されました。戦後は国民公園として位置づけられ、御所と一

体となった景観を維持しつつ、散策や休養等の場として親しまれています。

●フクジュソウ(福寿草)、キンポウゲ科の多年草です。名前の由来は、

春一番に咲くおめでたい花という意味をこめてこういう名がつけられたといわ

れています。幸福の「福」と長寿の「寿」で福寿草です。↓

フクジュソウ1

紅梅です。御所の庭に咲いていました。↓

紅梅1

これは紅梅の中でも「紅千鳥」かな?↓

紅梅2紅千鳥

白梅です。↓

白梅1

御所には梅がよく似合います。

白梅2

白梅3

白梅6

ロウバイ(蝋梅)、クスノキ目・ロウバイ科・ロウバイ属に属する広葉の

落葉低木です。半透明でにぶいツヤのある花びらがまるで蝋細工のよう

であり、且つ臘月(ろうげつ:旧暦12月)に咲くからこの名がつ蹴られ

ました。↓

ロウバイ1

甘い香りがあたりに漂っています。

ロウバイ2

ロウバイ3

ワビスケかなと思ったら、「有楽椿(うらくつばき)」という説明が

ついていました。東京に有楽町の名を残したことでも知られる織田

有楽斎長益(おだ・うらくさい・ながます:1547〜1621)が、茶

花として愛用したことに由来します。 有楽斎は織田信長の実弟で、

大阪冬の陣では豊臣方に与しましたが、後に堺・京都などに隠棲し

ました。↓

有楽椿

京都御苑には多くの花が植えられており、昔の貴族たちも

愛でたのかな〜爆笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都御苑で出会った花たち くーさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる