くーさんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都御苑に行ってきました1

<<   作成日時 : 2017/02/27 17:04   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

京都には何度も行っているのですが、これまで京都御所や仙洞

御所のある京都御苑に行ったことはありませんでした。

旅の途中、京都で一泊するチャンスがあっため、京都御苑を見て

きました。いろんな発見があって、さすが歴史に裏打ちされた奥深

いものを見ることが出来ました。

屋根の瓦には当然菊の御紋がついているのですが、屋根の端に

葉っぱのついた菊(「飾り菊」というらしい)を見つけました。↓

8仙洞御所の菊の飾り瓦900

地下鉄烏丸線を使って、朝8時半に京都御苑に到着↓

1京都御苑827

閑院宮邸跡の門も立派な作りです。左手前の築地塀の屋根に

「飾り菊」があります(見えるかな〜?)↓

2閑院宮邸跡832

御所の築地塀(ついじべい)です。下部に石積みがありますが、北に

いくと、この石積みは無くなってきます。御苑の南北で標高差が2.4mも

あるので、御所内部が水平に保つように石積みで調整している。↓

3御所の築地塀855

4御所築地塀858

御所の建礼門(けんれいもん)です。現在も天皇皇后及び外国元首級

のみが通ることのできる、最も格式の高い門とされ、御所一般参観時にも開

門されることはありません。↓

5建礼門855

建春門(けんしゅんもん)の懸魚(げぎょ)です。屋根の破風板に

下がる大きな飾りですが、さすが御所だけあって作りも細かく立派なも

のです。↓

6建春門の懸魚げぎょ859

飾り金物と飾り懸魚です。細かい細工に思わず見入ってしまいます。↓

7破風&散らし金物900

仙洞御所の入口には皇宮警察のパトカーが駐まっていました。↓

9仙洞御所警備909

仙洞御所に入るには、許可書が必要です。皇宮護衛官がチェックして

入ります。↓

10仙洞御所正門910

御所の中にある御常御殿(おつねごてん)です。入母屋桧皮葺の

書院造りで,京都御所の中で最も大きな建物です。天皇が日常の

お住まいとして使用された御殿だそうです。中はカーテンで見えません。↓

11御常御殿937

仙洞御所の正門内側です。結構広いです。↓

12仙洞御所正門内側932

北池です。↓

13北池938

「雅」を感じる土橋がかかっていました。↓

14北池土橋938

これは南池です。中島には池岸より八つ橋が架けられています。↓

15南池

つづきます。

地図画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都御苑に行ってきました1 くーさんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる